◇ 犬の基礎栄養学 第一回【水】

e0010954_17155415.jpg動物が生きていく上で必要な栄養素は【水/タンパク質/脂質/炭水化物/ビタミン/ミネラル】の6種類で、これを6大栄養素と言います。


犬の基礎栄養学第一回のテーマは「水」です。


「水」は生命にとって最も重要な栄養素です。体重の60%〜70%は水分であり、10%不足するだけで死にいたる事もあります。

①水の役割
 *血液/細胞/リンパ液の主成分
 *栄養素の運搬
 *体温調節
 *加水分解(消化)など
②水の摂取法
 *飲料水や食物中に含まれる水分(摂取水)
 *炭水化物/脂質/タンパク質をエネルギーに分解される時に生じる水(代謝水)
③水の与え方
 水分の摂取量は健康状態/運動量/外気温/食餌の種類/糞尿の量や回数などなど様々な条件によって個体差があります。
そのため常に新鮮で清潔な水が飲める環境にあることが重要です。
ミネラルウォーターはミネラルの過剰摂取などによって尿路結石の原因になる可能性がありますので常用水とするのは避けたほうが無難です。
浄水器などを通した水道水が一番適していると思います。

<参考文献/ホリスティックケア・カウンセラー TEXT BOOK>
by e-rocketdog | 2006-11-09 16:36 | ホリスティックケア

ROCKETDOG店長ブログ


by e-rocketdog
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る