<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

◆ 2005年 犬種別登録頭数発表!!

第一位 ミニチュアダックスフンド 138,163頭
第二位 チワワ 86,343頭
第三位 プードル 57,686頭
第四位 ヨークシャーテリア 25,054頭
第五位 パピヨン 23,230頭
第六位 シーズー 19,285頭
第七位 ウェルシュコーギー・ペンブローク 18,426頭
第八位 ポメラニアン 17,840頭
第九位 ミニチュアシュナウザー 16,850頭
第十位 マルチーズ 12,167頭  (JKC調べ)
e0010954_10435061.jpg

          ↑僕たち、相変わらず大人気だネ!
by e-rocketdog | 2006-02-25 10:54 | 店長の独り言

◆ 犬の癒し効果は抜群!!


犬との短時間の触れ合いは、心臓病患者の不安軽減や血圧などの改善に人と接するより大きな効果をもたらすと、米カリフォルニア大ロサンゼルス校のチームが15日、テキサス州で開催中の米心臓病協会の会合で発表した。犬の「癒やし効果」を具体的な数値で示した研究は珍しい。
             
e0010954_1347676.jpg
  
 チームは心不全で入院中の患者76人(平均57歳)を3班に分け、12分間にわたり(1)ボランティアが連れてきた犬と触れ合う(2)ボランティアだけの訪問を受ける(3)ベッドで安静にする−を実行してもらった。

 その結果、犬と触れ合った患者では、不安の強さが訪問前より平均24%低下した。人の訪問では10%しか低下せず、安静に寝ていた患者には変化はみられなかった。ストレスホルモンである「エピネフリン」の量も、犬と接した患者は17%も低下し、人の2%を大きく上回った。心臓や肺の血圧にも、犬のグループだけに改善がみられた。

 チームは「犬は人をより幸福に、落ち着いた気分にさせる」としている。
by e-rocketdog | 2006-02-09 13:40 | 店長の独り言

◆ キシリトールは犬に与えないで〜!!

米国ASPCA動物毒コントロールセンターより警告!!
◆キシリトール配合の製品は犬に有毒になる可能性がある


<記事抜粋>
キシリトールで甘くなったガムあるいはキャンディーを摂取する犬は、血糖量の突然の低下、筋力整合の損失および発作を起こすかもしれません。「製品の食物摂取の30分未満の間で、とても急速に症状が出る。したがって、ペットの所有者は獣医の処理を直ちに求めることは重要です。」Dunayer博士は、さらにあるデータによると、キシリトール食物摂取と、犬の肝不全とに因果関係があるのではないかと述べました。

<日本の獣医師より>
先日キシリトールガムを盗食して低血糖の痙攣発作を起こし担ぎ込まれた子がいました。30kg以上もあるラブラドールでした。
血糖値は20(普通は80−120くらい)でした!
幸い命は助かり、肝臓の一時的な障害があっただけですみましたが、もしチワワだったら・・・もし長時間誰も気づかなかったら・・・と恐ろしい思いをしました。診察時にガムの会社に問い合わせましたが、幼児でも大丈夫なので関係ないでしょうと言われました。後でアメリカの文献を調べてわかったのです。自分を含めいかにこの事実が日本では知られていないか知りました。見回してみると、たくさんの犬用の製品に注意書きもなくたくさんキシリトール配合とうたわれています。気をつけてください!!
by e-rocketdog | 2006-02-09 13:27 | フード情報

ROCKETDOG店長ブログ


by e-rocketdog
プロフィールを見る
画像一覧