<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

◆ 営業時間変更のお知らせ

営業時間が変更になりました!

午前10:00〜午後8:00(火曜定休)

会社帰りでもお気軽にお立ち寄りください!
e0010954_2062067.jpg

by e-rocketdog | 2005-09-30 20:05 | ショップ情報

◆ 小泉改革!?

赤ちゃんペット販売禁止、環境省「8週齢以後」を検討
環境省は21日、生後間もない犬や猫といったペットの販売を禁止する方針を明らかにした。

かわいらしさなどから、国内では犬と猫の約6割が生後60日以内にペット店に仕入れされ、販売されている。しかし、生まれたばかりの犬や猫は、環境の変化や輸送に弱いほか、人間や他の動物に十分に慣らされていないという問題がある。

成犬などに比べてエサやフンの始末なども大変で、世話しきれずに捨てられるケースもある。

米国では8週齢未満の犬猫の取引、輸送を禁止。英国も8週齢以下の犬の販売を禁止している。

動物愛護法が今年6月に改正され、ペット店などの動物取扱業に登録制度が導入された。同省はこの登録基準に幼齢な動物の販売禁止を盛り込む考えだ。生後いつまでのペットを販売禁止にするかは、海外の事例や国内の販売実態を踏まえ、8週齢を軸に検討する。

また、インターネットのペット店では、業者がペットの状態をよく確かめずに販売し、トラブルになるケースがあったが、販売時にはペットの状態を2日以上観察して、下痢や皮膚病、四肢マヒなどがないか確認することを業者に義務付ける。ペットの病歴や飼育方法の説明も求める。
(読売新聞) - 9月22日10時52分更新
by e-rocketdog | 2005-09-23 10:42 | 店長の独り言

◆ ドッグフード今昔物語

<平安時代>
日本で最も栄えていた京の都。
人口も急激に増えたため、し尿処理の問題も重要でした。
貴族の住居にはトイレがありましたが、一般庶民は共同トイレ。
のら犬やカラス達が、その人糞を食べていたようです。
文献には重病人や捨て子を食べていたと言うおぞましい話も。

<鎌倉時代>
鎌倉幕府滅亡の原因のひとつと言われている北条高時の闘犬狂い。
年貢として諸国から強い犬や珍しい犬を取り寄せ、庶民は口にできないような肉や魚を与えたり犬をつなぐ紐には金銀を鏤めていたそうです。

<戦国時代>
ポルトガル船で運ばれてきた犬達は唐犬と呼ばれ、大名の狩猟用として珍重されました。
特にチンは商売が成り立つほどの大人気、多くの裕福な家庭で食事にも気を使って大切に飼育されました。

<江戸時代>
世界最初の動物愛護法とも言える「生類憐れみの令」。
戸籍管理された犬達は白米や魚をたっぷり与えられ、怪我でもしたら一大事と狭い小屋に閉じ込められて寝てばかり。
おかげで江戸には肥満犬が満ちあふれ、獣医師たちはにわか成金に。
当時の獣医はかなりいい加減で、ただの小豆の粉を薬として売っていたとか。
この時代には犬の針灸師も登場しました。

<近代>
1860年頃、英国の電気技師ジェームス・スプラッツが航海中の保存食であったビスケットからヒントを得て犬用のフードを考案。その後アメリカに渡って事業を展開しました。

<昭和>
ライフスタイルの変化によって残飯が出にくくなってきた頃から、キロ100円「残飯より経済的で栄養もたっぷり」をキャッチフレーズに、お米屋さんの店頭にも並んで急速にドッグフードが普及しました。昭和生まれの人ならレトロチックなビタワンのブリキの看板を見た事がある筈。
by e-rocketdog | 2005-09-03 16:56 | 店長の独り言

ROCKETDOG店長ブログ


by e-rocketdog
プロフィールを見る
画像一覧