カテゴリ:店長の独り言( 24 )

■ BARFについて

BARF(Biologically Appropriate Raw Food)はオーストラリアのドクター・ビリングハースト氏が提唱した犬/猫の食餌方法です。
「元来、犬は調理されていない生の食材を食べてきたのでそのような食餌(生の骨と肉など)が最も適している」という考え方です。
近年アメリカではこの理論が人気を呼んでいてBARF専門ショップやオンラインショップがお目見えしています。
では具体的にどのような食餌かと言うと、骨付きの肉または魚(全体の60%)骨と肉が50:50が理想的/野菜(15%)/果物(5%)/内臓肉(10%)/ヨーグルト・サプリなど(10%)、これらをミンチ状にして冷凍保存、解凍後に体重の3%〜8%を目安にして与えます。
アメリカでは肉屋さんなどで日本より骨付き肉などが手に入れやすい現実もあると思います。

注目するのは、ここでも炭水化物の摂取は考えられていない事です。
炭水化物(糖質)は余分に摂取すると体内で脂肪に変換され蓄積され、肥満の元になるからです。減量時に重要なのは良質なプロテイン(タンパク質)を摂取して、筋肉を強化する運動を欠かさない事ですね。


e0010954_1519546.jpg
さて「21世紀のドッグフード!」というキャッチコピーで発売開始になったINNOVAのEVOですが、まさにこのBARF理論をドライフードに応用したフードです。
生の骨付き肉を使用し穀類を一切含んでいません。







粗タンパク42%/粗脂肪22%というビックリ!スペックになっていますので、良くも悪くも合う合わないが必ずはっきりしてしまうフードですね。
与える時はじっくり替えて、慣らしてください。
中型/小型犬で活動的な犬には最高です(筋肉質な引き締まった体型になりますヨ)。
肉々しさがスゴイので、食い付きも凄いです(ドライ嫌いで困ってる飼い主さんにもお勧め)。

1.5キロ 1,680円
by e-rocketdog | 2005-07-07 15:29 | 店長の独り言

■すぐれものサプリメント!

◆ Solid gold シーミール


e0010954_1205552.jpg
世間では<健康ブーム>に便乗して様々なサプリメントが人間用/犬用に発売されています。中には何となくいかがわしい商品や効果が実感できない商品も沢山あって、サプリ!と聞くだけで拒否反応を起こす人も多いと思います(そういう私もそうですが)。
そんな中で当店が自身を持ってお勧めできる商品が<シーミール>です。


【Solid gold シーミール】は19種類にも及ぶ天然の海藻粉末です。
◇60種類のミネラル/12種類のビタミン/22種類のアミノ酸を含有
◇消化酵素配合(フードの消化率が80%から92%に上昇)
◇ヨウ素(甲状腺機能の正常化)
◇クロロフィル(解毒作用)
◇カロチノイド(抗酸化/抗ガン/循環器機能の補助効果)
◇フラボノイド(結合組織の再生/コラーゲンの形成補助)
◇フラックスシード(抗ガン作用/神経機能改善/糖尿病予防など)
◇オメガ6/オメガ3(皮膚トラブル/毛艶の改善)

大型犬でも1日にティースプーンに軽く一杯の量を、いつものドッグフードに振りかけるだけで、これらの成分を天然の海藻粉末から容易に摂取できます。

1ヶ月/2ヶ月/3ヶ月と継続して使用する事によって、ある日突然今までと違っている事に気がつく筈です。価格も良心的です、ぜひ一度お試しを!

115ml  1,208円〜
by e-rocketdog | 2005-06-30 12:29 | 店長の独り言

■フードおたくな日々(その2)

◆炭水化物の量を計算してみましょう!
カロリーが低いフードを食べさせてるのに太ってしまう、、、こんな悩みを持った飼い主さんも結構います。これってたぶん炭水化物が原因かもです。
犬ってブドウ糖を体内で生成できる充分な量の動物性タンパク質と脂肪があれば、炭水化物を一切食べなくても生きていけるそうです。
人間でも「炭水化物ダイエット」が流行ってますが、要するに炭水化物(糖質)の摂取を少なくするダイエットです。
フードに含まれる炭水化物の算出方法は、
100%ー(タンパク質%+脂肪%+粗繊維%+粗灰分%+水分%)=炭水化物の%です。
ちなみにアーテミス(小型犬用)は、
100ー(29+18+2.2+7+10)=約33%(バランス最高です!)
オーガニクスは
100ー(28+15+3+7.5+10)=約36.5%(こちらも最高!)
世界最小はイノーバEVOの12%!
40%代までは許容範囲として、50%以上炭水化物の比率があるフードは一度見直してみたほうが良いかも!?
要は充分に肉と脂肪を食べて、しっかり運動できれば毛艶の良い筋肉質で素晴らしい体型に仕上がるって言う事です。
もちろん犬によって合う合わないが必ずありますから、お気軽に考えてくださいネ。
by e-rocketdog | 2005-06-27 21:40 | 店長の独り言

■フードおたくな日々

早いものでお店を始めてからもうすぐ2年。
一番痛切に感じた事は《食》の大切さ。
特にドッグフードは法規制が甘いので、知れば知るほど恐ろしい現実があります。
アレルギー体質の犬が増えているのも、こんなところに原因があるかもです。

お客様からの相談もフードに関する事が多くなってきました。
皆さん、けっこう悩んでる人は多いです。
相談内容で一番困るのは「甘やかしによる偏食」。。。
こればっかりは飼い主さんが日常の生活から変える強い意志がないと治らないかも、、、。
生意気なようですが日常でのしつけ方からアドバイスをさせてもらっています。
それから「何が何でも低カロリーな人」。
修行僧じゃないんですから、よっぽどの肥満でない限り低カロリー食はお勧めしません。
動物性タンパクをしっかり含んだフードと適度な運動によって筋肉質な身体作りを目指してください(きっと長寿犬になりますよ〜)。
e0010954_1358345.jpg

ロビンのご飯(現在アーテミスを1日50gとシーミールを少々)

by e-rocketdog | 2005-06-27 13:28 | 店長の独り言

ROCKETDOG店長ブログ


by e-rocketdog
プロフィールを見る
画像一覧