■フードおたくな日々(その2)

◆炭水化物の量を計算してみましょう!
カロリーが低いフードを食べさせてるのに太ってしまう、、、こんな悩みを持った飼い主さんも結構います。これってたぶん炭水化物が原因かもです。
犬ってブドウ糖を体内で生成できる充分な量の動物性タンパク質と脂肪があれば、炭水化物を一切食べなくても生きていけるそうです。
人間でも「炭水化物ダイエット」が流行ってますが、要するに炭水化物(糖質)の摂取を少なくするダイエットです。
フードに含まれる炭水化物の算出方法は、
100%ー(タンパク質%+脂肪%+粗繊維%+粗灰分%+水分%)=炭水化物の%です。
ちなみにアーテミス(小型犬用)は、
100ー(29+18+2.2+7+10)=約33%(バランス最高です!)
オーガニクスは
100ー(28+15+3+7.5+10)=約36.5%(こちらも最高!)
世界最小はイノーバEVOの12%!
40%代までは許容範囲として、50%以上炭水化物の比率があるフードは一度見直してみたほうが良いかも!?
要は充分に肉と脂肪を食べて、しっかり運動できれば毛艶の良い筋肉質で素晴らしい体型に仕上がるって言う事です。
もちろん犬によって合う合わないが必ずありますから、お気軽に考えてくださいネ。
by e-rocketdog | 2005-06-27 21:40 | 店長の独り言

ROCKETDOG店長ブログ


by e-rocketdog
プロフィールを見る
画像一覧