◆ 嘘のようなホントの話!

某有名ペットショップの話。
ここで仔犬を購入すると、まずコンピューターに登録される。
そこの店でドッグフードを5年間購入し続ければ、万一の場合に生体保証(交換?)を付けているらしい。その犬のフード消費量まで計算されて、何も知らない飼い主様達は律儀にそれを守ってるみたい。

先日、そこで犬を購入したお客様の話です。
生後3ヶ月のその子は胃腸が虚弱で、そのフードが全然合わなかったらしいです。
下痢(水便/血便)、嘔吐を繰り返した挙げ句、被毛まで禿げ始めてしまい、獣医さんを3件もハシゴしたのに結局は原因もわからずじまい。
ほとほと困り果てて当店に相談に来られました。
症状をお聞きして、とりあえずソリッドのホリスティックブレンズで様子を見る事になりました。
ソリッドのDザイムというサプリ(天然の消化酵素で脂肪分の分解吸収を助ける)も併せてあげるようにアドバイスをさせてもらいました。
本音で言えば、そこまで酷い症状の犬が食餌だけで改善されるとは思っていませんでしたが、なんとか下痢だけでも止まればいいなあと思ってました。

ところが、その日から2週間くらい経ったある日、そのお客様が再び来店されました。
「フードを替えたらすっかり元気に良くなりました!」と言われ、思わずこちらもビックリ。
獣医さんでも見放された犬が、フード替えるだけでそんなに劇的に良くなるなんて!
今後はシーミールもプラスして毛艶の改善を図りながら、徐々に便などの状態を見ながらフントフラッケンに替えていく方向です。
今では元気にしつけ教室に参加しています。

そのペットショップで販売しているフードはWDJ誌では「食べさせてはいけない」とハッキリ書かれているフードです。そのフードがその犬に合っているなら多少添加物が入っていたり、原材料の品質が悪くても何の問題も無かったのですが。。。
WDJ誌の記事をどう判断するかは飼い主様次第なんですが、こんなケースもあるので少しでも安全でその犬に合うフードを探してあげるのは飼い主の義務だなぁと実感しました。
by e-rocketdog | 2005-07-07 18:31 | 店長の独り言

ROCKETDOG店長ブログ


by e-rocketdog
プロフィールを見る
画像一覧